忍者ブログ
2019.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

主に週刊少年ジャンプの批評を行っています。 中身は通信簿的な内容です(*'▽') その他、ジャンプに関する情報があれば、都度更新していきます。

2019年10月18日 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016年01月04日 (Mon)
こんばんはホカです(*'▽')

 次の少年ジャンプが発売されるまでにネクストの作品全部批評しようと思いましたが無理でした(;・∀・)笑
とりあえずネクストの作品の批評を進めていきます!


 今回の作品は伊達恒大先生の「ガチピン」です!


 調べてみたら、ジャンプ連載経験者じゃないですか!しかもTOKYO WONDER BOYS・・・。

 近藤先生の「ジュウドウズ全3巻発売中」とかの文がないから気づきませんでした。書かなかったのは前作が不評だったから?ですかね(;・∀・)


・率直な感想
 ラブコメに挑戦するだけあって、絵は非常に上手いですね!

題材がカメラなので、動きのある絵が下手でも問題ないことは大きい笑


 1周目パラ読みしたときは面白くないなーと思いながら読んでいましたが、2周目しっかり読むと案外読める作品なんだなーとは思いました。

しかし、パラ読みでも面白いと思える漫画しないと厳しいかと( ;∀;)


・良かった点
 とにかく絵が上手い!ラブコメ描くには十分な画力です(^^♪

ジャンプのお色気枠は任せられますね!


 物語の中で、「青春」というテーマなのに見た目と内面の輝きばかり褒めてて、「肝心の青春はどこいった?」と思いましたが、最後のページで実は青春とは主人公の瞬一がヒロインの影山さんに恋をしたことだったというオチは良かったです!


 悪役の堀田君が圧倒的悪者として出てきてくれたおかげで、最後影山さんがやり返すところはスッキリしました(^^♪

 
・悪かった点、課題点
 ギャグが寒いです。前作同様でギャグが寒い(;・∀・)


 主人公のキャラがはっきりしませんでしたね。見た目が地味なせいか、学校ではあまり目立たなそうな生徒だと勝手に思ってました。

だから、ヒロインに被写体をお願いする行為があまりにも押せ押せだったので、違和感になってイラッとしました( ;∀;)
いや、違和感がなくても誘い方がうざいのでイラッとしますね笑


例えば、プロのカメラマンは被写体の緊張をほぐすために口先も達者じゃないとダメなので、褒め上手とか押しが強いみたいなシーンが序盤にあっても良かったのではないかと思いました('ω')


・連載で見たいかと言われたら・・・
 ビミョーなラインですが、今のままでは見たくないですかね(´・ω・`)


やっぱりギャグが寒いのと、主人公がうざいってのがネックになると思います。1周目読んだときは不快感が強かったので( ;∀;)

あと主人公の友人2人も、ギャグ要員として描いたのかもしれませんが、うざかった笑

悪役の堀田君もクズとして描きたかったのでしょうけど、不快感が強すぎてめっちゃうざかった(;・∀・)笑


 ギャグとキャラの作り方が上手ければいいんですけどねー。絵は本当に上手いので、頑張ってラブコメとして連載を勝ち取ってください!


 以上(^^)v

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.17No.16No.15No.14No.13No.12No.11No.10No.9No.8No.7
プロフィール
HN:
ホカ
性別:
男性
趣味:
ジャンプ読むこと、プロ野球、ポルノグラフィティ
自己紹介:
日々の出来事やジャンプ批評を主に綴っています。
よろしくお願いします(*'▽')
P R