忍者ブログ
2019.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

主に週刊少年ジャンプの批評を行っています。 中身は通信簿的な内容です(*'▽') その他、ジャンプに関する情報があれば、都度更新していきます。

2019年10月18日 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2015年12月31日 (Thu)
こんにちはホカです(^O^)

 年末年始は実家に帰っております。
ですが、もちろん暇なので今日はジャンプネクストの批評をやっていきます♪
すべて読み切っていませんが、早速1作品ずつやっていきましょう!


 まずは近藤信輔先生の「しのびや屈」です。


 「伊達先輩」や「ジュウドウズ」で知られるジャンプ連載の常連ですね。
ですが両方とも短期打ち切り・・・

3作目の打ち切りは実質戦力外ということになるので、今回の読み切りには相当気合が入っていたことでしょう!


 で、今回の作品を見てみると、

前作のジュウドウズとやっていることはあまり変わりないですね(・.・;)

むしろ、僕としてはジュウドウズの方がワクワク感があって好きでした。


 全体的に主人公の心情を四角の吹き出しで表しているのが多かったですね。

僕はこの主人公の心情で、町の説明とか人の紹介とかしている方が好きなので良かった(^o^)
モブキャラが大騒ぎして「お・・・お前は!?」とか「この町はいかれてやがる!」とかされるよりはね笑


 次にキャラデザについて!絵は前々作、前作と比べかなり良くなっているのではないかと思います!主人公もいい感じでイケメンに書き上げていたのではないかと(^O^)

ただ、キャラが一気に出過ぎ(・.・;)
ジュウドウズのころから変わらないですねー。一気にキャラを出す手法はダメとは言いませんが相当絵とキャラに魅力がないと難しいと思います。


 バトルシーンは短いコマで様々な戦いを書いててちょっとだけ目移りしてしまったかなと。そこはちょっと残念でしたが、主人公の戦いは疾走感があって良かったです!

絵柄やバトルシーンは、本当にバトル漫画に向いているような気がします!


 主人公ピンチ→主人公が頑張る理由を伝えるための過去回想→どんでん返しで勝利というお手本のような方程式でしたね。

ですが、自動車を引っ張り上げたときの答え(ネタばらし)のシーンが糸の巻き取りというのは・・・インパクトが弱かったかと(^_^;)

どんな結末がいいかと言われたら答えられないのですが、おおっ!と思えるような答えがほしかったですねー。


 あとは、戦闘の途中であった1/3秒の世界の話はすごく面白かったです!
これならガンガン戦闘していてもまだ忍んでる感じがします!
リアルでこんなシーンがあったら、目にも止まらぬ速さで見えないんでしょうね笑

 最後にこの漫画を連載で見たいかと言われたら・・・
僕は今のままでは見たくないですかねー(^_^;)

このままではジュウドウズの二の舞だと思うので、
1人1人のキャラの持ち上げがいかに上手く行えるかによると思います!

なので、設定はこのままでいいとしても、まずは少数精鋭とかで戦いを行うような感じにするのがよいのではないかと。

ナルトでいうとナルト、サスケ、サクラ、カカシ先生で人気がでるまで話を回すとか。

てことで近藤先生お疲れ様でした!

ジュウドウズは好きな作品だったので、本誌への帰還期待してます(^o^)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.13No.12No.11No.10No.9No.8No.7No.6No.5No.4No.3
プロフィール
HN:
ホカ
性別:
男性
趣味:
ジャンプ読むこと、プロ野球、ポルノグラフィティ
自己紹介:
日々の出来事やジャンプ批評を主に綴っています。
よろしくお願いします(*'▽')
P R